清楚で美しい母が・・・

俺は野球が好きだった。小学校の時、はじめてホームランを打った時のあのバットの感触が忘れられない。俺の学生時代は朝から晩までボールを追って過ごす、ただそれだけの毎