セックスレスの従兄の嫁さんに頼まれて…2【人妻体験談】

「待ってぇ。今行く。」何食わぬ顔して入ってくる詩織。俺は詩織を抱き寄せてキスをした。「え?一緒に入るの?・・・・ええ、それは・・・」何を今更。俺は両手にボディソープを塗り、手で詩織の身体を洗って、詩織には俺のチンコを洗わせた。お湯で流して、有無を言わさず詩織の口にくっつける。「うわ、先っちょ大きいねぇ・・・」詩織はびっくりしたような顔をして、あーんと口を開け亀頭を頬張った。ぬるぬるっていう感覚と共に