忘れていたものを思い出させるような女に出会った体験談 2

私はカーペットに横になり彼女の頭を左腕に乗せ肩を優しく抱いてやった。「もっと強くぅ」私はふざけて思い切り抱きしめた。「くく苦しいぃぃぃ、、、ふぅ~~~。」力を抜くと彼女が仕返しに抱き返してきた。そんなことをしながら私達は雨の音を聞きながらしばらく抱きあっていた。「でも勇二さんって変?」「なにが?」「変だよ」「え?」「普通さぁ、男の人ってこんな風になったらさぁ胸とか触ったりしない?」「ああ、そうか」「