中学生の時にゲーセンで出会った小学生の女の子との体験談

これは俺が中学2年生の時の話。 俺はその日、街を適当にぶらぶらしていた。親には午後六時までには帰ると伝えてある。しばらく歩いていると向こうにゲームセンターが見えてきた。ちょうどいい。あそこで遊んでいこう。店内に入ると、特有の喧騒が鼓膜を震わせてくる。時折、「あー!!もうちょっとだったのに」「ちくしょー」とか地団駄を踏む声が聞こえてくる。どうやらお目当ての景品が取れなくて悔しがっているようだった。俺