彼の大量の熱い白い液体で満たされる女体

 某スーパーでパートをしている30代の人妻です。先日の話なのですが、ある食品製造会社の営業の伊藤さんと、危うい関係になりました。以前から、伊藤さんはお店に来る度に「由紀子さん綺麗だね。今度、食事でもしようよ」とか「家はどこなの送ってあげるよ」などといつも誘われていました。 そして、あの日がやって来たのです。その日は雨風が強く、最悪の天気で傘も吹き飛ばされそうなほどひどい天候でした。その日も、いつもの