浮世絵の女 2

 「って。まじか」
 古内君は子ナシじゃなかったのか。
 頭頂部の汗が冷たいものになって、首筋まで流れ落ちた。
 急に気分が悪くなり、私はトイレに駆け込んだ。
 目の前が一瞬暗くなった。
 気がつくと病院のベッドで横になっていた。
 「命に別状はありません」
 とのことだった。
 
 妻の智美が駆けつけてきた。
 「しっかりしてください。お腹の子はあなたの子ですから」
 その…