「お祭りをする」とは「命を繋ぐ行為」の隠語

     
庶民における伝統的日本社会は、「性」に対し実におおらかで、開放的でした。
その「性」におおらかな証拠は、各地の祭礼に残っています。
庶民の間に、男女の交わりを指す隠語として「お祭りをする」と言うほどです。
      
本来、信心深い筈の庶民の間で、神の罰当たりも恐れず使われていたくらいで、命を繋ぐこの行為を、「ふしだらなもの」ではなく、「神聖なもの」と捉えられていたからです…