平和を愛し相互に扶助する日本人の誓約(うけい)精神

別々の集団・部族が親密さを増す究極の手段が旧観念の倫理観(愛などの観念)や独占欲(生涯一人を思い続けるなど)を超越した、性交による誓約(和合)となる。
異民族の王同士の結婚、これは異民族同士の和解を意味し、また双方が滅びないで済む。
究極の和解であり、民族同化が可能となる。
      
日本列島の民は、この誓約(うけい)の性交を以って「集団の同化、融合、拡大」を図り本来は多民族であったも…