紳士面して実はエロオヤジの体験を告白

 しばらく紳士面してメールをやり取り、そして一度食事をした後にようやくエッチにこぎつけた。何度か援交でエッチを重ねていくうちにM気があることが分かる。あやは毎回きちんと援助し、安心してエッチを楽しんでいる俺のことを信用しきって、手錠や目隠しおもちゃなどのプレイをするようになる。 しかしいくら信用しているからと言って所詮、赤の他人。手錠かけられてベッドに縛らせ目隠しまでさせるなんてリスク大きすぎと思