清楚な美人生保レディーのオッパイにザーメンぶっかけた体験談

数年前の真夏の思い出。その日は平日でしたが会社が休みで、10時頃まで寝ていて起きると汗を流す為に朝風呂に入っていました。すると、呼び鈴が鳴り、僕はバスタオルだけを腰に巻いて玄関に行き、ドアを少し開いて顔だけ出すと、制服みたいなブラウスとスカート姿の一人の若い女性が立っていた。「××生命保険の者ですけど。少しお話を聞いて貰える時間を頂けませんか?」と言ったので僕は、「少しならいいですけど」と言い、ドアを