バイト先の後輩JKを肉便器にした③

朔さんから投稿頂いた「バイト先の後輩JKを肉便器にした③」。 オレの誕生日を過ぎてからというもの、果歩と会う機会は次第に増えていった。 オレはある意味、まんまと果歩にハマってしまっていたのかもしれない。まぁハマるっていっても好きとかそういう感情ではなく、「どこまでヤらせてくれるか」みたいな探究心とか好奇心が芽生えてたんだと思う。 ◯校3年生の果歩はバイトが無ければ基本的には家に直帰していたし、門限 […]…