弱みを握られた僕の運命

僕の彼女はかわいい。学校で目立つような美女はないが、に埋もれたダイヤの原石よのうに、隠れた魅力のある女性だった。何より魅力的なのは蛭のように艶のある厚い唇だ。思春期の僕にはあまりに刺激的すぎて、いつもどうやって彼女の唇を奪うかを妄想するのだった。気持ちと…