エッチな相談、その後…

「ちょっと…まっ…!やめて!」
連絡もなく私のマンションに現れた彼。
「んんっ…」
勝手に部屋へ入ってくるといきなり壁に押し付けられて唇を塞がれ、強く抱き締められて深く舌を侵入させられると身体の力が段々と抜けていってしまいました。

そして彼は私を後ろ向きにさせて壁に手をつかせると、胸を乱暴に揉みながら私のストッキングを引き裂き始めました。

「やだ…いやぁっ!!」

私が抵抗し…