余命1年の親友に、俺の嫁を嫁がせて新婚生活させた3

日奈子と拓也は、結局、次の日の夕方前に帰ってきた。きっと遅くなるんだろうなとか、もしかしたらもう一泊するのではないか? などと考えていたのに、夕方のニュース番組が始まる前には帰ってきた。『悠斗さん、ただいま?。はい、お土産?』日奈子はそう言って、八つ橋を渡…