男は誤解している女のイヤイヤを

 その事が判明したのは、新しい彼とのデート中に元彼と遭遇してしまったからです。『3人で、お茶しよう!』と、強引に誘われてしまって、新彼も少し気まずそうな顔をしながらも、断れない様子で私も正直すごく嫌でした。 元彼には、思い出というには、かなり恥ずかしい内容の事もされていましたし、実際に頭で決意してからも体と心の方が引き摺られてしまって、なかなか別れられない日々が続くほど強い快感に縛られていた恥ずか