娘婿の慎二と

娘が2人目妊娠した時に7か月目で流産の危険性があり出産まで入院になり
私が上の子の面倒に見にずっと娘の家に泊ってた、旦那とはもう夜生活はないが私の性欲は増す一方で彼氏がいた
ある晩だった、上の孫を寝かして下に降りて行くと慎二は帰ってきてた
私、あらお帰り
慎、ただいま
私、ご飯用意するわ
真、すみません
慎二のご飯の用意して私は洗濯物畳んでた
真、お義母さん
私、なに
真、この…