先生おふざけにならないで下さい

 お腹の痛みが治らなくて、駆け込みで閉院間際の病院に駆け込みました。そこには初老のおじいさん先生が。先生はもうひとりで大丈夫だからって、看護師さんを全員帰して院内は二人きりに。 診察が始まると、まずは聴診器で胸のあたりをさわさわとなぞってくるんです。無機質な聴診器の冷たい感触が乳首に当たるたびに、乳首の先だけをじらされながら愛撫されてるような感覚になってしまって、声を出さずに気持ちいい表情をしてし