色白の艶肌の奥さんは甘蜜の女体だった

 金曜日、僕はある方のお宅に泊りになっていた、お風呂も済み部屋に戻り静かな夜だた思っていた、??変な声が聞こえてきた・・まさかと思ったそこの奥様の喘ぎ声で、可愛く悩ましいその声がはっきりと聞こえてきた『あなたもっと・・もっと愛して・・』奥さまの名前を呼び「どうだ気持ちいいか・・もっとオマンコが欲しいかい?」『あなたオマンコが欲しいの・・もっとオマンコして』その声がする部屋はすぐ隣りからで、襖をそっ