公園でこっそり

これは私がまだ高校生だったとき、地元の公園で起きた出来事である。
その公園は公営住宅の一画にある広い公園で大きなグラウンドや遊具、多少の緑もありそれが死角となって毎日放課後に別の高校へ行った友人達とたむろする絶好の場所でもあった。
公営住宅の住人達は低所得者や夜の仕事に身をやつしているシングルマザーも多く、一般人もあまり寄り付かない。多少の悪さをしても見て見ぬふりだ。
子供達も放っておかれる…