夫が酔い潰れた後、夫の親友と

 結婚する為 夫は実家の援助を受け32歳で奮起して家を建てました。入居に合わせて式を挙げ 新婚旅行から帰り 新築の家に入りました。その土曜日には両家が集まり新築祝いで 翌日曜日は友達を呼んで新築披露でした。 昼過ぎから宴は始まり 仕事だった夫の親友のタケシさんが 皆が帰り始めた頃に 新築祝いと大きな額縁の絵画を持って来ました。私の友達も 片付けを手伝ってくれて帰りました。居間に額を掛けて 夫は家の中を案内