ウブな人妻が知った肉の喜び 3【人妻体験談】

「見たいです……」麻由香は、自分でも驚いていた。幸雄は冗談のつもりで言った言葉だったはずだ。でも、麻由香は幸雄の”見てみる?”と言う言葉に、ほとんど間を置かずにそう答えていた。麻由香の顔は、いつものおっとりとした優しい顔ではなく、発情した牝のような顔だった。そしてそんな麻由香の顔を見て、言い出した幸雄の方が緊張していた。でも、冗談と言って笑い飛ばすには、場の空気が淫靡なものに変わりすぎていた。「本当に