【落語】ひとり部屋

【落語】ひとり部屋 作:内田守衛

・与太郎は庭仕事の最中に梯子から落ちて、手足の骨を全部折って入院しました。
・きょうは奥様がお見舞いにやって来ました。

奥様「406号室、竹下与太郎・・ここだね」
与太郎「あッ、奥さん!」
奥様「与太郎、元気かい?」
与太郎「元気じゃないですよ、もう、これですから」
奥様「気の弱いことをお言いじゃないよ、精をつけて養生すればすぐに直るさ」