俺の数少ない女友達『K』からの告白と初体験

中3の1月。下校時刻になったので、俺(以下T)は一人足早に駐輪場にやってきた。チャリの鍵を外した時に、後ろから声を掛けられた。俺の数少ない女友達『K』だった。 彼女は白い息を吐きながら、その場に跪いた。どうやら走ってきたようだった。「いた・・・よかっ…